神経ブロック治療|みどり市大間々町でペインクリニックをお探しの方はアイダ痛みのクリニックまで

  • 電話
  • メニュー
 

「神経ブロック治療」とは、痛む神経とそのまわりに特別な注射針で局所麻酔薬を注射して痛みを取り除く治療方法です。局所麻酔薬は麻酔ではなく、歯科医院で使う痛み止め注射液と同じもので2~3時間で効果が消える安全なものです。長引く痛みには定期的に治療を行うことで、症状を抑えられます。さらに、血行促進や痛みを引き起こした病気の治療効果も期待できます。

 

イメージ画像
 

 

院長は埼玉医科大学臨床部門麻酔科専攻大学院で医学博士を取得し、日本でもっとも痛みの治療が進んでいる「NTT東日本関東病院ペインクリニック科」や「埼玉医科大学総合医療センター」で長年勤務してきました。豊富な治療経験と技術力を持ち、「NTT東日本関東病院ペインクリニック科」「埼玉医科大学」と同水準の治療技術をご提供しております。
また数多くの医院と病診連携も行っており、病気の治療とともに痛みの緩和を進めることができます。

 

イメージ画像
 

Q1神経ブロック治療は痛くありませんか?
注射の痛みだけです。刺された時の痛みを抑えられるようにできるだけ細い針を使いますが、痛みの感じ方には個人差があります。
Q2治療回数はどれくらいですか?
治療回数や治療を受ける頻度は、症状や重症度によって異なります。当クリニックでは週1回ほどをおすすめしております。
Q3完治するまでにどれくらいかかりますか?
症状や個人差によって異なりますが、当クリニックではまず一カ月間治療を行ってから判断を行います。
Q4ブロック注射は「クセ」になりませんか?
症状によって治療が長期化することはありますが、薬剤そのものに習慣性をもたせる作用はありません。
Q5神経ブロック治療で骨が溶けるって聞いたんですけれど・・・
神経ブロック注射に使う薬液は安全なものです。治療によって骨がもろくなったり溶けることは絶対にありません。
Q6副作用はありますか?
神経ブロック治療では局所麻酔薬を使います。安全性が高く、副作用はほとんどありません(個人差はあります)。
Q7注射後にしびれる感覚がありますが、副作用でしょうか?
副作用ではありません。治療の効果が出ている証拠ですので、ご安心ください。