コラム|みどり市大間々町のペインクリニック・アイダ痛みのクリニック

  • 電話
  • メニュー

足先の痛みは原因が色々です

こんにちは。
群馬県みどり市大間々町大間で痛み専門の診療をしている、「アイダ痛みのクリニック」です。

 

足の痛みといっても、膝やふくらはぎ、足首から先など、痛む箇所は様々です。
今回は、足首から前の足先が痛む時に、考えられる病気についてお話しします。

 

足先が痛くなる病気

何度も膝が痛んだり、膝が痛み続けていたら、次のような病気かもしれません。
我慢したりあきらめずに、当院までご相談ください。

 

・足の慢性障害
足にはすべての体重がかかるため、歩いたりスポーツをするだけでも負荷がかかります。特に陸上競技やバスケットボール、サッカーなど、走ったり跳び上がる動きを頻繁にするスポーツには、慢性障害が起こりやすいものです。
傷めた箇所によって、種子骨障害、外脛骨障害、足底腱膜炎、踵骨々端症、踵骨滑液包炎などに分けられます。
スポーツで慢性障害を起こした場合は、練習量を減らしたり休養を取っていただきます。その上で、鎮痛消炎剤を使い、マッサージや温浴療法、ステロイド剤などを注射するなどの治療を行います。

 

・足底筋膜炎
足の裏に負荷がかかりすぎて起こる炎症です。
朝起きた直後や運動し始めた時に、かかとから土踏まずにかけて痛みます。
マラソンやテニス、サッカーなど、走り続けるスポーツをすると起こることがあります。また、いつもよりも長く歩いたり、足を使う動きをたくさんした時にも起こることがあります。
なお、偏平足の人は足底筋膜炎が起こりやすい傾向があります。
放っておくと痛みがだんだんと強くなっていき、刺すような痛みが長く続くことがあります。ぜひ、悪化する前に診療にお越しください。
治療では麻酔注射で痛みを抑え、トレーニングやリハビリテーションなどを行うことで足底筋膜炎になりにくい足を作ります。

 

 

その他にも、モートン病や以前お話しした痛風、外反母趾など、様々な原因で足先の痛みは起こります。
足先が痛んでも我慢して治療を受けずにいると、足や足指が変形することもあります。
当院では、高水準のペインクリニック治療を行っております。痛みを我慢し続けることなく、ご一緒に治していきましょう。