コラム|みどり市大間々町のペインクリニック・アイダ痛みのクリニック

  • 電話
  • メニュー

神経ブロックの仕組みについて

こんにちは。
群馬県みどり市大間々町大間で痛み専門の診療をしている、「アイダ痛みのクリニック」です。

 

ペインクリニックでは、様々な痛みを改善し取り除くサポートを行っています。
当院では痛みを取り除く方法として、神経ブロック治療を行っています。
今回は、神経ブロック治療とはどんなものなのかお話します。

 

神経ブロック治療とは

神経ブロック治療は「末梢神経やそのまわりに局所麻酔薬を注射して痛みを取り除く治療」です。
さらに神経ブロックは、血行改善をしたり痛みの悪循環をストップさせる効果もあります。

 

神経ブロック治療の針や注射薬について

神経ブロックには注射する場所によって、硬膜外ブロックや交感神経ブロック、神経根ブロック、三叉神経ブロックなど様々な種類があります。使う針の太さや長さは、このブロックの種類によって異なります。
また、注入する薬剤としては局所麻酔薬の他にも、神経破壊薬や副腎皮質ステロイドなどを使うこともあります。薬剤の流れや針の位置を確認するために、造影剤を使うこともあります。

 

神経ブロックが効果的な病気

神経ブロック治療は、幅広い病気に対応しています。
神経ブロックの種類ごとに、次のものがあげられます。

 

・硬膜外ブロックの場合
帯状疱疹、帯状疱疹後神経痛、腰下肢痛、椎間板ヘルニア、血流障害、術後瘢痕疼痛症候群、かん性疼痛など

 

・交換神経ブロックの場合
四肢血流障害、複合性局所疼痛症候群、帯状疱疹、帯状疱疹後神経痛など

 

・神経根ブロックの場合
頸部痛、腰背部痛、下肢痛など

 

・三叉神経ブロックの場合
三叉神経痛

 

・椎間関節ブロックの場合
椎間関節からの腰痛症

 

・肋間神経ブロックの場合
肋間神経痛

 

・内臓神経ブロックの場合
がん性疼痛、慢性膵炎

 

・上下腹神経叢ブロックの場合
直腸・膀胱・子宮からくる痛み、がん性疼痛

 

・下腸間膜動脈神経叢ブロックの場合
左下腹部内臓痛(がん性疼痛)

 

・くも膜下フェノールブロックの場合
がん性疼痛(頸部から仙骨部)

 

その他、アレルギー性鼻炎や顔面神経麻痺、突発難聴など、痛まない病気にも効果的です。

 

当院での神経ブロック治療

当院院長は、日本でも痛みの治療を行う病院として有名な「NTT東日本関東病院ペインクリニック科」や「埼玉医科大学総合医療センター」で長年治療経験を積んでおり、この2つの病院と同じ水準の治療技術を身に着けております。
治療とともに当院で痛みを緩和したいとお考えの方のために、様々な医院との連携も行っています。
持病で痛みに悩まされている方は、ぜひ当院にお任せください。