コラム|みどり市大間々町のペインクリニック・アイダ痛みのクリニック

  • 電話
  • メニュー

手の痛み・しびれが起こったら

こんにちは。
群馬県みどり市大間々町大間で痛み専門の診療をしている、「アイダ痛みのクリニック」です。

 

手の痛みやしびれ、動かしにくさがあるのに、加齢や使い過ぎただけだと思って我慢してはいませんか?
手を使うことは、日常生活に欠かせません。我慢したり手を使わないようにするのではなく、痛みをなくして使えるようにすることが大切です。
今回は手の痛み・しびれの原因についてお話します。

 

手の痛み・しびれの原因とは

手の痛みやしびれと一口に言っても、指の一部がしびれる場合もあれば指が痛んで動かしにくくなる、親指が痛む、手のひらから指までしびれるなど病気によって様々な症状が見られます。
代表的な病気についてご紹介します。

 

・腱鞘炎(ばね指)
指を曲げたりのばしたりしにくくなり、引っかかりを感じます。痛みがある場合もあればない場合もあります。
指を曲げる役割をする屈筋腱を包む滑膜に炎症が起こって腫れ、屈筋腱が動きにくくなって起こります。
関節に影響を及ぼさないように、できるだけ早く治療に取り組むことが大切です。
ステロイド剤を注射したり、リハビリを行います。症状が改善しない場合は、簡単な手術を行うこともあります。

 

・手根管症候群
手のひらから親指、人さし指、中指、薬指までしびれが起こります。悪化するにつれて親指のつけ根の筋肉が萎縮し、親指に力が入らなくなっていきます。
患者さんには更年期や妊娠・授乳中の女性が多く見られる病気です。
手のひらの下の手根管の中で、正中神経が圧迫され麻痺して起こります。
治療では、軽症であればサポーターなどを夜間につけるだけで改善します。炎症が強い場合はステロイド剤の注射も行います。さらに親指のつけ根の筋肉が萎縮したり、痛みやしびれが強い場合は、手術を行うこともあります。

 

・ヘバーデン結節
指の第一関節が変形し、膨らんだり曲がって痛みを感じ、動かしにくくなります。
たいていは1本だけでなく数本に起こり、痛みが消えても別の指が痛むようになったりします。
40歳以上の女性に多い病気で、体質や女性ホルモンの変化から起こると言われています。
治療では手にテーピングを行います。痛みが強く毎日の生活に影響する場合は、関節を金具で固定する手術を行うこともあります。

 

 

その他にも、指や手の関節が変形したりケガをしたり、加齢や使い過ぎなどで起こる病気が考えられます。
病気や症状によっては早急な治療や手術が必要となることもあります。
大切な手を再び快適に使えるようにするために、痛みやしびれを感じたらすぐに治療に取り組んでいきましょう。